Bar MINOのこだわり

〜箕面ビール、ベルギービールとの出会い〜

beer

大阪箕面市の地ビール、箕面ビール
先代の社長とは札幌の名店カラハナで出会った。

お互いしこたま酔い盛り上がった。

翌日デパートの催事場に出店している社長を訪ね

またビールを飲むと、社長が隣のキムチ屋さんのキムチをおまけにくれた。

故人の懐かしい思い出である。

 

今は娘さんたちが会社を継ぎ

さらに磨きのかかったビールを作っている。

 

日本でも数少ないリアルエールを扱っていることもあり

BAR MINOで取り扱うことを決めた。

 

リアルエールは冷やし過ぎないことが重要で

その環境がないと取引してくれないというので

少し高めの温度設定のできる冷蔵庫を改造し

ハンドポンプとホースを繋げるようにした。

 

世界的にビールと言えばドイツの名が上がるが

ベルギーも世界に名だたるビール大国

非常に多様なビールが作られている
その中でも代表的なものを出来るだけ幅広く取り扱っている

トラピストやランビックなど10種類以上が楽しめます。

 

〜BAR MINOがオーガニックワインにこだわる理由〜

オーガニックワイン_BAR MINO

オーガニックワインは生産者の熱い思いのこもったワインです。


彼らは地球環境のことも含め真剣に考え、それを昔ながらの本物のワインで表現しています。

果実感、熟成感、それぞれの大地の感じが優しく穏やかに瓶に詰まってます。

それを徹底した温度管理の下で生産者の元からここまで届きます。

 

その味は、生産者のお宅で飲むものと変わりません。

 

そして、酸味料、香料などは一切入っておらず

昔ながらの酸化防止剤が最小限使われているので、非

 

常に二日酔いや頭痛になりにくいと思います。